スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンジ塾 中松祐太 詐欺 レビュー評価 暴露 

こんにちは。

今日はインフォトップでの商材なんですが、

塾なんですよね。

もう何度も言ってますが、

塾は気をつけてくださいね。

今回はどうなのでしょか?

実際に受講された人からのご意見・感想を聞きましたので、


のちほどで^^

では( ̄^ ̄)ゞ 本日の商材いってみましょう!

本日の情報商材レビュー

タンジ塾-300x225



情報商材名

タンジ塾 中松祐太 詐欺 レビュー評価 暴露 


特定商表記事項

  • 販売者;株式会社フリッカースタイル 株式会社G-TAN 中松祐太

  • 住所地;神奈川県中郡大磯町石神台1-6-5

  • 電話番号; 092-791-6322

  • メールアドレス; mial@tanzi.info

  • 販売URL;http://flickr-style.jp/tanzi_top/

(販売ASP;インフォトップ

【タンジ塾 中松祐太 詐欺 レビュー評価 暴露】



販売当初、与沢塾第二期生に、続いての第2位人気。

この商材の値段は

247,000円です。

与沢塾第二期生が250,000円とすると、

ほぼ同等。しかも2つとも返金保証はありません。


確かにセールスレターは上手く書いてますよ。

そして与沢塾は特に凄い特典の量ではなかったですか?

あれはそういう手口なんです。人はそういった無料や特典に弱いんですね。

初心者さんなら特に魅せられてしまうでしょう。

それにしても、ここまで購入者が多いのは、

ネット著名人が推薦文を書いているからなんでしょうか?


まずこんな商材に手をだせるっていうのが不思議です。

その根拠はどこからででくるのか・・・


例えば、丹治雅則って名前は初耳ですし、

販売者は法人なんですよ?

それなのに購入前の相談電話が携帯番号と言う時点で

ちょっと・・・かなり怪しさがあります(^^;




一応。タンジ塾は2012/11/15からの開講でした。

それなのに開講前から、多数のHP、SNSでタンジ塾の

評価、評価レビューまで書いている人が・・・

丹治雅則氏なら信用できると書かれていますが、

まだ何も始まってもいない塾の保証には、

何もなりません。



これは、高額塾なので、当然アフィリエイト報酬目的で

手当たり次第宣伝してくる人の多いこと多いこと。

煽りエイター達には本当に困ります。自分たちさえよければ、

他はどうでもいいって考え方なのでしょうけどね。

ちなみにアフィリ報酬は;5万円でした。


最後に、

私の今までの過去の経験でもこんな高額塾で

受講してよかった!!という感想をくれた購入者は

誰一人いませんでした(ーー;)

今回のタンジ塾はもう受講期間は終了してますが、

感想を頂いていますが、全然稼げず


記事の最初にも書きましたが、

インフォトップとはいえ、高額塾は本当に気をつけてくださいね。

まずは、特定商表記の確認、販売者への問い合わせ、法人なのに携帯している、

記載住所をグーグルマップで調べてみる。入居会社名と記載が一致しているか、

過去のネット上での販売者の批評、リサーチ、販売商材内容のリサーチも。

できれば購入時はクレジットで。(返金申請時に問題が出てきてしまうため)

セールスレター内容と実際のマニュアルが異なっている等不自然な点が多い場合、

詐欺の可能性が高いです。



そうなるとサポート24時間受付など記載していても、

いずれメールサーバーに不具合がでてしまいましたなどと理由をつけ、しまいには、

一切連絡不通になりますので、そういう場合は、都筑までご連絡ください。

対応策をお伝え致します^^



本日は

【タンジ塾 中松祐太】 

を情報商材取締一課の都筑が取り調べさせていただきました。





お役に立てましたら、ポチっとお願いします♫

情報商材 ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
http://www.facebook.com/plugins/likebox.php?href=http%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fprofile.php%3Fid%3D100004877978530&width=200&height=590&show_faces=true&colorscheme=light&stream=true&border_color&header=true
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。