スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大富豪専門学校 斉藤和也 詐欺 レビュー評価 暴露 

こんにちは(^^♪

今日ご紹介するのは、フェイスブックでも

ソーシャルランプを開発して、

一時的な人気を集めた方ですが、

現在ソーシャルランプ使っている人って

ほとんどいないですよね。

強制バイラル手法が、あまり評価受けが良くなかったみたいですね。

その斎藤和也さんが高額塾を開催するとのことで、

では、評価ビューしてみたいと思います。

本日の情報商材レビュー

大富豪


情報商材名

大富豪専門学校 斉藤和也


特定商表記事項

  • 販売者;斉藤和也 株式会社ラストランプ

  • 住所地;神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番7号 TOCみなとみらい10階

    (事務所)神奈川県座間市入谷4-6-1ザマハイツ1-720

  • 電話番号; 046-259-9159

  • メールアドレス;info@lastlanp.jp

  • 販売URL;http://lastlanp.jp/lp/millionaire_school.html

(販売ASP;インフォトップ

【大富豪専門学校 斉藤和也 詐欺 レビュー評価 暴露】



フェイスブックでのソーシャルランプでの一時的な高評価で

彼の知名度も上がり、結果インフォトップでこの高額塾の販売

当時は売れ行きも結構ありました。



今現在では完全に稼げる塾かそうでない塾だったかはわかってしまっているので、

売れるということはありませんが、

私が見る限りでは最初のレターを見ていた時から、

これはちょっと稼ぐのは無理だなと思っていました。




まずセールスレターには真似するだけで稼げるとか

この斉藤和也さんは言っていますこれがもう誇大表現です。



例えば、購入者の方が数100名いてるにも関わらず

ランキングで上位を占めているのはいつもと変わらない常連さんですし

コピーライティングを学べるなどと語ってますが

こんな誇大広告のセールスレターの作成するスキルは

学びたくも無ければ実践したくもないです



完全に購入者さんを煽り、購入意欲を高めハメ込んでいるだけの事です

マーケティング、コピーライティング、集客はどれもビジネスを

していく上でとても重要ですが、この斎藤和也さんの大富豪専門学校に

149,800円も出す価値なんて全くありません。

そのなら、この商材で十分ですよ。⇒ネットビジネス大百科

こちらのほうが、大富豪専門学校の何倍も価値があります。



値段の方も139,800円も安いですし

教材のボリュームもこっちの方が断然に凄いです

それに大富豪専門学校はいまではサポートも、ずさんらしいです。

加えて、返金請求しても全く返答が返ってこないそうです。



レターは即金系の詐欺商材と同等レベルですし、

実際ド素人の方でも簡単に100万円以上を稼げると言っていますが

購入者の方で稼いでいる人は一体どのくらいいるのでしょうか?

返金請求している方がいるということは、

全く稼げなかった人が大勢いると予想されます。


大体、情報商材は、高額塾や商材も本当に稼げる人は、

購入者全体のわずか1%らしいですね。

基本的に販売者が儲かる仕組みを作っている。

レターも販売者の儲かった実績を誇大表現記載しているものばかり。


販売者全員が詐欺師というわけではありませんが、

実際にレター通りにお金を稼げていないのであれば、

それは詐欺行為です。

もしご購入されて実践された上で成果がでないという場合、

レター内容とマニュアルが全然違う等m

返金されていない方いましたら、

しっかりと、「国民生活センター」「消費者センター」へ

ご相談下さい。



本日は

【大富豪専門学校 斉藤和也】 

を情報商材取締一課の都筑が取り調べさせていただきました。




お役に立てましたら、ポチっとお願いします♫

情報商材 ブログランキングへ





スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
http://www.facebook.com/plugins/likebox.php?href=http%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fprofile.php%3Fid%3D100004877978530&width=200&height=590&show_faces=true&colorscheme=light&stream=true&border_color&header=true
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。